低用量ピルの基本情報

低用量ピルとは
避妊薬ピルの種類について、主に低用量ピルとアフターピルという二種類があります。低用量ピルとは主に妊娠するのを防ぐために開発される女性ホルモン剤です。その成分は、女性の体内で作られる卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンです。また、経口避妊薬とも呼ばれています。いい避妊効果を得るために、低用量ピルは毎日一回服用する必要があります。低用量ピルは排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を阻害する作用がありますから、避妊効果が期待できます。

低用量ピルの効果
低用量ピルは主に黄体ホルモンと卵胞ホルモンという二種類の女性ホルモンを含んでいます。この二つの女性ホルモンによって、女性体内のホルモン量をコントロールして、排卵を抑制したり、受精卵の着床を妨げることを通して、避妊の効果に達します。何錠服用したから避妊ができるというものではないので、まとめて飲んでも効果はありません。避妊効果の他、生理痛や量の軽減、にきびの改善などがあります。ピルの種類によっては逆ににきびができやすくなるものもあります。

低用量ピルの服用
低用量ピルの服用なら、日本で認可されているすべての低用量ピルは、生理の初日に飲み始めることができます。生理初日に飲み始めると、その日から避妊効果が得られます。ピルは毎日1回で服用します。ただし、毎日忘れずに飲むことがとても重要なので、飲み忘れをしにくい時間帯に飲むことを習慣づけましょう。服用の前後で一定以上の間隔が開いてしまうと、体内のホルモン濃度が一定に保たれず効果が低くなってしまうからです。また、飲みはじめの時期に軽い吐き気が出る方は、就寝前に飲むようにすると吐き気を感じにくいようです。