緊急避妊薬とは?

緊急避妊薬は、性交後に避妊目的で服用するホルモン剤のことです。避妊をしないでセックスしてしまったとか、コンドームが破けたなど、避妊の失敗が起こったような場合に、妊娠を防止する方法に緊急避妊があります。
よくアフターピルやあとピルなどと略されて呼ばれます。ここでは、最も伝わりやすい呼び名の「アフターピル」と統一して呼称いたします。
アフターピル(緊急避妊薬)はその名の通り、何らかの事情で避妊に失敗した際に、望まない妊娠のリスクを下げるために作られた避妊薬です。性行為後に飲むことで効果を発揮しますが、これは早く飲めば飲むほど効果があります。
定期的に飲む低用量ピルと違い、中用量ピル(プラノバールなど)や高用量ピル(ノルレボ錠)を使用し、ホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮します。
このピルは、毎日飲む低用量ピルやミニピルとは異なり、性行為後72時間以内に飲むことで、排卵を抑制したり、排卵を遅延させて避妊します。
アフターピル(レボノルゲストレル1.5mg)の避妊率は、12時間以内に服用した場合約95%、72時間以内に服用した場合約80%です。これは妊娠阻止率であり、実際にアフターピルを72時間以内に服用したにも関わらず、妊娠してしまう確率は0.5%~4.1%とされています。
性行為をする上で避妊対策はしっかりと行う必要がありますので、妊娠を望んでいない女性は参考にしてみてください。